006
【QUSHトークン】
昨日、書かせていただきました例の注目する仮想通貨
『QUSHトークン』

さっそく160円まで上がりました。
まさか今日、ここまで来ることは予想してませんでしたが。

『QUSHトークン』

と調べると、魅力的な記事ばかりが目立ちますね。
特に注目してほしいのは、comsaとのちがいですね。
ここでは割愛させていただきます。


【いい加減にしないとCOMSA放しますよ!】
私的にですが、comsaがこれ以上案件を出さずにグダグダしてしまうと
「不信」
に変わってしまいそうです。

案件が出る!
もう少しで出る!
いつか出る!!

そう言っている間に取引していた方が、ずっと利益が出せるような・・・

そう思ったのですが、もうひと踏ん張り保有していこうかと思います。
いつ上がるかわからないのが仮想通貨の面白さでもありますので(笑)

【あ~QUSHが上がってしまった
っと思っているそこのあなた!】

全然、余裕ですよ(笑)
この仮想通貨は300円付近まで簡単に上がると予想してます。
まだまだ、『買い』です。
この通貨の価値はこんなものではないことは確かなので買っていきましょう!

※要はみんな買って上がってくれという願望('ω')

comsaに見切りをつけたら少し利確してQUSHに移る予定にしてます。

【XEMについて】
XEMですが、220円まで上昇しましたね。
現在は、190円まで下がってレンジ相場みたいな動きをしています。

XEMはリップルという通貨に似ていると言われていますね。
2018年のニュースでも資金がこの2つに集中しているというニュースもあります。

そのリップルが現在は、300円前後
一方、XEMは200円前後

ということは・・・

私はエントリーしません。

現在、QUSHに全力投球しますので暫くは『見』でいきます。

ではでは


その名も『QUSH』キャッシュトークン
私は、100円台で買える今だからこそ全ツッパしていきたいと思います。
上がったら買いません(´・ω・`)
この通貨のすごさを説明するのは下手です。
なので以下のTwitterを参考にしていただけたらと思います。 【大雑把に良さを解説】
現在、comsaが300円前後をウロウロしていますよね?
この通貨は将来10倍・・・いや100倍の価値に上がります。(上がってほしい( ゚д゚ ))

冗談だと思いますよね?

この通貨の良さは、 イニシャルコインオファリングス(ICO)と呼ばれる仮想通貨の資金調達をするためのプラットフォーム(comsaを動かす環境)があること。
これによって、仮想通貨での資金調達が安易なりたくさんの企業が参入するのでは?
その案件待ちで、この価格ですよ奥さん!
現在、300円(2018年 1月4日)

一方、この
QUSHトークンもCOMSA同様の性能や可能性を秘めています
ある人は100円で150万買っている人も・・・
上がる前に急いで買わなくてはと思い、年始にやっと買えました。

ここだけではQUSHのすごさがイマイチ伝わらないと思いますので悪しからず(´・ω・`)

ではでは

20180103_183505
【先生の人数が確保できない現状】
地元でも、やはり先生が足りないみたいですね。
教師という仕事が魅力的ではないという現状がよく出ています。

そりゃそうなりますよね・・・

●モンスターペアレント
(よくわからないクレーム)
●反抗する子ども
(まだ会ったことありませんが・・・)
●対人関係の複雑化
(陰口は聞こえないところでやってくれ)
●意味のない業務の多さ
(アンケート調査・実態調査・全国調査・)
●進歩しない研究授業
(教科書通りの授業)

言えばキリがないです。

丁重にお断りさせていただきました。

【その理由】
3つです。
①教職公務員は副業ができにくい
②労働時間がブラックすぎる
③モチベーションがまだ戻っていない

①について
株・FX・仮想通貨は基本的にダメです。
私立・県立・国立・公立など、勤務先によってちがいはありますが、原則やってはいけません。
実は、一度だけ株をやろうとしました。
職場の先生に書類を見られて〇〇から厳重注意を受けました。
やるならば、許可を得なければならないようです。
また、教師という立場上
『社会の奉仕者』
という扱いです。
つまり・・・

「そんなものに手を出して楽をしようとするのではない!
国民・県民のために職務を全うし研鑽しなさい!」

ということです。

②について
ブログでも書かせていただきましたが、スーパーブラックです。
休みはほぼありません。
子どものため・・・
子どものため・・・
子どものため・・・
とお経を唱える日々になりますよ。

担任を持つとそのようにできますが、
専科・教務・時間外など、あまり子どもに関わらないポジションにつくと嫌になりますよ。

③について
35歳までは教師に戻れるのでこれをやらせていただきます。
ということです。
県によっては45歳まで可能みたいです。

【最後に】
いづれにしても今は戻りません。
しかし、日に日に現場に戻りたいと思っている私もいます。

でも、40年もやるのか?と思うとモチベーションも下がってしまいます。

日本という国は、

1つのことをやる続ける美学
という概念があります。


〇〇一筋50年

とつければ誰もが感銘しますよね?

教師一筋50年!(おお すごい)
大工一筋50年!(おお かっこいい)
無職一筋50年!?(これはやめましょう)

そんな概念はとらわれてはいけないと考えます。
色んな可能性があるのに、無理なことを続けるとしんどいです。

1つのことにとらわれず、自分に素直になりませんか?

ここで私の尊敬する修造さんのお言葉です。

『性格はかえられない でも 心はかえられる』
※日めくり まいちに!修造!より抜粋

ではでは







↑このページのトップヘ