tyuka170809-0106_TP_V


1番はボーナスの明細を見たときです。
すみませんでした。
教員という立場ではどうかということですね。
ボーナスは除いて、5つ書きたいと思います。



①職場には人格者が多い

学校の先生という立場上、やはり人格者が多いのは事実です。
100人いたら、80人はすばらしい人と言える方がたくさんいます。
ここでいう人格者の定義は、
尊敬できる・周りが見れる・謙虚である・仕事ができる・嫌なことも表に出さないなどを指しています。
私は、後者でありましたのでずいぶんと助けていただきました。


ただ、例外もあります。


周りのことをいっさい聞かない一匹狼(2階から子どもの忘れ物をなげるな!)
飲酒で自転車に乗る(自転車はセーフだよってあなた本気?)
陰で悪口を広める(悪口を言っているあなたがすごく言われてますよ)
出張の研修会で就寝やスマホ(話は聞いてましたよって嘘ですよね?)

表面では先生です。
しかし、学校から出ると1人の人間だということを知っておいてください。


②自分の趣味がふえる

保護者や他の学校との野球大会・スカッシュ・バレーボール・サッカーなどあります。
周りの先生との交流もあり、職場のグラウンドで練習するので職場関係は良くなりますね。
私が行った学校では、麻雀部とゴルフ部がありましたのでずいぶんと楽しんだことでした。


ただ、例外もあります。

スポーツが本当に嫌いな人は別です。
苦手でも応援したりすることはできますが、それも嫌な人がいます。
多分、みんなで物を作ったり、遊んだりすることの楽しみを知らずにきた人だと思います。
大人なので、もちろん毎回誘いますが答えは「NO!」
もう知りませんよ・・・


③先生の肩書きは社会的に強い


合コン受けは、抜群の効果を発揮します。
私はフツメン以下ですが、会社員・自営業より女子受けが良かったです。
また、周りの人も「先生!先生!」とよいしょしてくれます。
交遊関係もたくさんできます。


ただ、 この風習が嫌で教師をやめた原因の1つです。
何でもっと人間を見ないのでしょうか?
フリーターとかサラリーマンという肩書きで人間を決めるなと言いたいです。
公務員は安定して収入を得ているので、将来が安泰していることは誰もが承知している事実です。
そこに目をつけているのは明らかです…
また、先生という友だちがいれば何か心地よいと感じる(聞いた話です)  。
だったら、その先生という仮面を外したらどうなるのか?
これからが楽しみでありすごく不安です(´・ω・`)



④生活リズムが作れる


労働時間は8時15分~17時です。
朝は早く起きて、夜は早く寝る習慣がつきます。
健康的な生活が身につきますよ( ^ω^ )


ただ、例外もあります。
夜中のクラブやオンラインゲームのイベントには参加できません。
夜型人間と交流は難しくなります。
深夜アニメは録画になります。
まぁ、一部の方にはどうでもよかった例外かも知れませんね。


⑤保険などの優遇がすごい


保険会社にお勤めの方ならよく知っていると思います。
教師は保険料が破格的に安く、待遇も優れたものがあります。
一般的には1万~5万の保険(死亡・入院・三大疾病)が、約2000円前後になるものもあります。
保険会社や種類にもよりますがそれを差し引いても、一般企業に勤める方より格安だと思います。

また、新居購入・結婚・出産・車の保険も教師だけに与えられた特別な保険や手当てが充実しています。


ただ、どこで個人情報を仕入れているかわかりませんがセールスさんがたくさん訪れます。

私の経験は、車・家・宝石・マッサージ機などあります。
特殊な宗教も・・・

以上で【教員のいいところ5つ】をご紹介しました。