c33e8e95-s

現在、仮想通貨がカオスなことになってますね。
いつものことですが、サーバーが重く
『502 Bad Gateway』


今は取引休止です。
暇なので、FX用語のスワップポイントについて・・・


【スワップって?】
交換すること。

【スワップポイントって?】
金利の利息の差のことです。
例えば、銀行の定期預金で100万預けたら105万になるものがあるとします。
スワップ金利というものは、増える5万円を365日で割ります。
それを毎日もらえるものがスワップ金利とよばれるものです。
5万円の場合は、50,000円÷365日=136円.....
毎日もらっているものが1年たてば、5万円になります。
つまり、毎日ペットボトルのジュースが買えるお金がくるのです。
1年後に5万円をもらえるものが、日割りでもらえるお金がスワップポイントです。

銀行のシステム上、1年でつく5万円の金利を途中で解約してしまったら100万円は返ってきますが5万円はもらえないのがほとんどですよね?
どんな銀行を探してもそんな感じです。(私調べによると・・・)

【つまりFXで利益を得るには】
要はFXの世界では、外国の通貨を交換・売買する。
その差益(通貨の価値が上がった・下がった)、もしくはスワップポイントを得ることを目的とした金融になります。
円をドルに換えるのが為替の主体になるので、アメリカの金利が優先されます。(アメリカの金利は1.00~1.25%)
だからこそ、日本にお金を置いておくよりはアメリカで持っておいた方がいいですよ。
ということになります。




【デイトレードのよい所】
「お金が必要で、アメリカドルから日本円にしよう!」


ここが要注意ポイントです。
金利が高いところから安いところに移動するには当然、その差額の金利を払う必要があります。

ちなみに、スワップポイントはポジションを翌日以降に持ち越した場合に発生します。
日本だと夕方ぐらいです。
取引の決済した日が同じ日だと発生しません。
これがいわゆる『デイトレード』です。
デイトレードをする利点がここにあるわけです。




【よく相場が動く通貨をトレードしよう】
相場は日によって変わることは100も承知です。
ドル・ユーロ・ポンドは日によって大きく変わるので、トレードに向いています。
トレードに向かない通貨の例として、トルコリラをあげます。
トルコリラは金利が8%もあります。
しかし、世界から見たら大したことのない(失言)通貨です。
人は少ない。
資源もない。
北は人が集まるヨーロッパ。
南は石油いっぱい西アジア。
そんな国に囲まれているのに、活性がイマイチ。
だから、この通貨の価値はイマイチ動きません。
この通貨だけではありませんが、所謂『長期投資』になります。

「いずれ価値があがる」
「長い目で見ればいい通貨」

そんな見込みで、通貨を保有している人が多いですね。



【最後に】
日本で100万円貯金すると1年間にどれだけ増えると思いますか?
答えはみなさんが知っている通りほとんど増えません(´Д`)
日本の金利はとても低いので、貯金しても全然増えません(´・ω・`)
本当に低いので増えません( ゚д゚ )

FXの世界では、世界中の外貨を買うことができる。
つまり、世界中の金利を外貨預金と同じように得ることが可能になります。

楽しそうだと感じた方。

危険ですよ( ;∀;)

ではでは