FB_IMG_1507553736679
【〇〇研究家 〇〇金融関係】
ここで名前を出すのは控えます。
今日は、片っ端から仮想通貨に対する研究家や金融関係の見解を自分で調べてみました。

批判というのは、ここでは『警告』
ととらえるのが正解だと言えます。

ある記事では、
「FXや株より質が悪いもの」
「仮想通貨は絶対やらないほうがいい」
「本当に恐ろしい仮想通貨とは?」

など様々な記事があって読んでいくと内容はどれも似たような記事でした。

【要約すると】
仮想通貨というものは、現在バブルのような状態であり価格はどれもうなぎ登り。
2017年は認知が多くなりつつある。
2018年は仮想通貨で大きな損失を生み
いつ・どこで崩壊してもおかしくはない。

また、様々な企業が展開しているが撤退するのも時間の問題。
なぜなら、ブロックチェーン技術はまだ未熟で詐欺の被害はこれからますます加速していく。

という感じです。(もっとあります)

【私はこう感じた!】

ほとんどの人が『仮想通貨をやったことのない人』と思われるものです。
なぜそう思うかというと、中身が危険と思われる要因を根掘り葉掘り絞り出しているように感じるからです。

危険はFXでも株でも一緒です。

私が批判的な立場だったら

『日本で働くとあぶない!その理由とは?』

そんな記事が書けます。
①働けない世代が多くある現実
②日本円は利息が安すぎて死ねる
③土地がなさすぎてヤバイ
④税金の無駄遣いがシャレにならないことに・・・

このような記事が書けるんですよ!

日本っていい国なのに、批判的に書こうと思えば書けるんですよ!!

だから、仮想通貨の批判記事は薄っぺらく感じるわけです!!!


実際に取引して、実践を積んだ人ならわかることですが上場や案件などで価格は大きく変動しますよね。
また、大手の家電店や銀行などでも取引できていることからこれからますます発展していくことは明々白々です。

まだ不安な人はこれから5年
いや、3年先がすごいですよ。

日本経済新聞で、株の↑ ↓
だけでなく仮想通貨↑ ↓
が出る時代が来ます。

そして、2020年までには、地元高知のコンビニでこう言える時代がくるんです。

『セブンのコーヒー下さい。 0.2XEMで(・∀・)』

ではでは