カテゴリ: 仮想通貨

無題
2018年になりました。
そろそろ2017年度の税金の申請を行わなければいけません。
ということで、YUFFY流の税金の申請を書きたいと思います。


単純に考える

ここでは、単純に考えた申請を出すことにします。
例えば、 2万円の入金⇒4万円の出金 を行ったとします。

50XEMで2万円を購入⇒100XEMで2万円を売買
だから2万の収支を得た

という申請を出せば問題ないかと思います。
※ここで書くことはあくまでも自己流なので、申請に不備があったとしても責任を負いかねますのでご了承ください。

エクセルを使って取引をコピペする
無題
MONAを例に出しますね。
私は、10月1日から仮想通貨を始めたので10月1日~12月31日までの取引履歴を出します。
そして、新規のエクセルに「Ctrl」を押しながら「V」をすると・・・
無題
はい!完成です^^
これで終わりではありません。
次の工程に参りましょう!

あなたはどれだけの収支を得たの?という証拠を残す
これだけでは何がなんやらさっぱりわかりませんよね?
1MONAの価格・売った数値・買った数値はわかります。
ですが、どれだけの収支が得られているかわかりません。
なので、ここからは掛け算と引き算を行い収支を見やすいようにします。
※仮想通貨の税金は、小数点以下2位未満の端数があるときは、原則切り上げです

無題

今までの履歴を全て詳細に計算します。
エクセルを使いこなせば、一括で計算してくれるので間違いはほぼありません。
大事なことは2つです。
①今までの取引履歴を詳細に残す
②収益はどれだけ出たのか?
この2つを抑えると良いと思います。

ここでは、MONAだけの収益を書きました。
当然のことですが、今までの取引してきた通貨の例も全て記載しておきます。
XEM BCH ETH Zaif PEPECASH COMSAなどですね。
2018年からは、ここにQUSH・リップルなどが加わります。

なお、注意点として
所得税法施行令 措置法通達により小数点以下2位未満の端数を切り上げる
ことを忘れないでください。
特に、NEMやZaifなどは端数が出ますので注意を!


最後に
全ての収益の履歴を書いたら、収益の全てをまとめます。
【計算方法】
全ての収益-入金した金額=2017年度の収支
となるはずです。
収益がもし、20万を超える場合は税金の申請が必要になるので申告しましょう!

ちなみに、翌年に越してしまった仮想通貨は含めない様にしました。
例をあげると・・・

収益10万が確定している状態で、10万をZaifに入れて0円にして年を越した時
※これだと、どんなに収益を得ても0円にできるのでダメですね
なので、買いの一部をのけて計算します。

要は年越しをしてしまった通貨は、入れない様にするわけです。

初めての申告になるので、うまくいくかはわかりませんが詳しい方に相談して修正していきたいと思います。

ではでは

20161220_142737
ここ最近、収支が安定してきた仮想通貨です。
しかし、Twitterや2chなどでサイバー攻撃が去年から出始めているとのこと。
私は、1か月に1回パスワードやメールアドレスを全て変更して2段階認証も行います。

そもそも、どんな手口なのか?
まとめてみたいと思います。

【仮想通貨マイニング】
個人のパソコンを乗っ取り仮想通貨を獲得できる「マイニング」という作業を行うものです。

仮想通貨の世界でいうマイニングとは、「採掘」という意味合いがあります。
そもそも、仮想通貨は取引内容の記録を世界中の有志コンピューターが共同でやっていることが多いです。
膨大な計算量が必要で、この作業に協力した人に対して新規発行分の通貨が「報酬」としてもらえる仕組みになっています。
この作業がマイニングと呼ばれるものです。

マイニングを利用して、個人のパソコンを利用し得られた報酬をいただくという悪質な手口です。
2018年からはこれが横行する可能性があるみたいです。

【どうやって個人のパソコンにくるの?】
①取引している所と似たようなサイトにアクセスしたとき
②メールアドレスが何らかの形でばれてしまったとき
③ウイルスに感染したとき
など、色んな手口があります。
気をつければ大丈夫ですが、万が一のことがあります。
上記の3つは必ず押さえておきたいポイントです。

【感染した場合】
①パソコンが急激に重くなる
②見たこともない通貨が取引されている
③2段階認証設定が解除されている
④電池の消耗が著しく激しい
また、スマホ・PS4・Wi-Fi機器などのネットにつながる可能性があるものも危険性があります。
経験上ですが、昔「トロイの木馬」に感染したときは画像検索から画像をダウンロードしたときにかかったことがあります。
その後、PCがお亡くなりに・・・

【対策として】
①PCのセキュリティを最新版に
②怪しいサイトは開かない
③2段階認証を確実に
④パスワード定期的に更新する

【ここまで大げさに言うのは・・・】
①2018年は億り人が100倍になる可能性があるから
②Zaif・Bitflyer・QUOINEXなどの利用者が増えている
③ここ最近、ZaifのTwitterが気になった

上記のようなTwitterは見過ごせません。
「私なんて少額だから狙われないよ」
「まあ俺には関係ないね」
と安易に考えると危険です。

明日は我が身なので、楽しく取引をする上ではセキュリティ対策をしっかり行っていきましょう!

ではでは

006
【QUSHトークン】
昨日、書かせていただきました例の注目する仮想通貨
『QUSHトークン』

さっそく160円まで上がりました。
まさか今日、ここまで来ることは予想してませんでしたが。

『QUSHトークン』

と調べると、魅力的な記事ばかりが目立ちますね。
特に注目してほしいのは、comsaとのちがいですね。
ここでは割愛させていただきます。


【いい加減にしないとCOMSA放しますよ!】
私的にですが、comsaがこれ以上案件を出さずにグダグダしてしまうと
「不信」
に変わってしまいそうです。

案件が出る!
もう少しで出る!
いつか出る!!

そう言っている間に取引していた方が、ずっと利益が出せるような・・・

そう思ったのですが、もうひと踏ん張り保有していこうかと思います。
いつ上がるかわからないのが仮想通貨の面白さでもありますので(笑)

【あ~QUSHが上がってしまった
っと思っているそこのあなた!】

全然、余裕ですよ(笑)
この仮想通貨は300円付近まで簡単に上がると予想してます。
まだまだ、『買い』です。
この通貨の価値はこんなものではないことは確かなので買っていきましょう!

※要はみんな買って上がってくれという願望('ω')

comsaに見切りをつけたら少し利確してQUSHに移る予定にしてます。

【XEMについて】
XEMですが、220円まで上昇しましたね。
現在は、190円まで下がってレンジ相場みたいな動きをしています。

XEMはリップルという通貨に似ていると言われていますね。
2018年のニュースでも資金がこの2つに集中しているというニュースもあります。

そのリップルが現在は、300円前後
一方、XEMは200円前後

ということは・・・

私はエントリーしません。

現在、QUSHに全力投球しますので暫くは『見』でいきます。

ではでは


その名も『QUSH』キャッシュトークン
私は、100円台で買える今だからこそ全ツッパしていきたいと思います。
上がったら買いません(´・ω・`)
この通貨のすごさを説明するのは下手です。
なので以下のTwitterを参考にしていただけたらと思います。 【大雑把に良さを解説】
現在、comsaが300円前後をウロウロしていますよね?
この通貨は将来10倍・・・いや100倍の価値に上がります。(上がってほしい( ゚д゚ ))

冗談だと思いますよね?

この通貨の良さは、 イニシャルコインオファリングス(ICO)と呼ばれる仮想通貨の資金調達をするためのプラットフォーム(comsaを動かす環境)があること。
これによって、仮想通貨での資金調達が安易なりたくさんの企業が参入するのでは?
その案件待ちで、この価格ですよ奥さん!
現在、300円(2018年 1月4日)

一方、この
QUSHトークンもCOMSA同様の性能や可能性を秘めています
ある人は100円で150万買っている人も・・・
上がる前に急いで買わなくてはと思い、年始にやっと買えました。

ここだけではQUSHのすごさがイマイチ伝わらないと思いますので悪しからず(´・ω・`)

ではでは

khz0gvTI

【少額でやってみました】※2万円
comsa
売り293.3072.04232017/12/29 12:53
買い290.0072.04232017/12/28 14:37

Zaif
売り1.917311179.32017/12/29 15:48
買い1.890111179.32017/12/29 13:51

特にこれと言ってすごい相場があるわけでもないのですが、
どの相場もレンジ相場に近い動きをしています。
底はここかな?
と安易にエントリーして、すぐに売る。
これだけでも1000円の利益が出るのでいいですが物足りないですね。



【相場予想をするために】
投稿画像は、相場を読むために
三角形
レンジ相場はどこが底なのかを知るために
長方形
意識されている線はどこかを見るために
水平ライン

などなど、ごく一般的な方法を用いています。
この他にもいろんなテクニカル分析の方法はあります。

どの分析が正しく出るのかは、やはり経験と言えます。

画像も実は失敗作。

引いている線はめちゃくちゃ。
三角形もどこで引いているのかわからない。

つまり、全くあてにならないものです(笑)

【大事なことは適当にやらないこと】
よく失敗したのでこれだけは言えます。
それは、適当にやらないことです。

下手でもいいので、全体の相場を見て
『どこが意識されているのか?』
『今はレンジ相場の範囲なのか?』
『取引している数値は?』
『板となる数字はどこなのか?』

などをしっかり見ておく必要があります。
ここで書いたことは自分にも言い聞かせていることです。

でも。。。

よくが出てしまいますよね(笑)

では、今日も一日がんばりましょう!

ではでは


↑このページのトップヘ